成長物語

シンママ7年目。思春期に入った子供2人と暮らす母と子の成長記録

不安だらけ

 

f:id:chocomarux:20190217010954j:plain

 

 

シングルになって気づけば7年が経ちました。

毎日仕事と家事に追われて終わっていきます。

 

そんな日々、私はひどく不安になります。

 

でも原因がわからないんです。

 

子供の将来なのか、

学費なのか、

老後なのか…

 

ふとした瞬間

 

単純に疲れかもしれないけど、今の仕事はそんなに大変なことはありません。

仕事内容的には簡単な方で、条件も悪くない。

ただ人間関係が少し面倒です。

 

転職したくて、でも勇気がなくて。

 

結局変わらない日々を過ごしています。

不安に襲われるのは、毎日です。

 

ふとした瞬間呟いてたりする。

「ごめん」

って。

 

何に対して「ごめん」なのかって口に出した後考えて、ほとんどが過去の自分の態度や言葉に対してってことが多くて。

 

あの時あんなこと言って失礼だったかも、不快にさせたかも、なんであんなこと…って堂々巡り。

 

不思議なことにそんな呟きがこぼれるのはいつも水を触っているときです。

相性が悪いのかな?

食器洗いとか、お風呂や洗面所に一人でいると勝手に言葉が出てきます。

 

 

 

 

 

誰にも会いたくない

 

 

常に1人になりたいです。

時々今持っているものすべてを捨てて子供と3人で遠くへ行きたいと思ってしまいます。

 

誰とも比べることなく、胸を張ってシングルマザーだけど楽しいよ!って笑って過ごしたい。

 

幸せは確かにあるのに、今は周りと比べてしまってつらいことの方が多いです。

シングルマザーじゃなければこんな気持ちにならなかったのかな?

 

でもわかってるんです。決してそんなことはない。

あのまま結婚生活続けていても心からの幸せなんて手に入らなかった。

それはわかっているのに、どうして今こんなに苦しいのかな。

誰にも会いたくありません。

 

 

目が見れない

 

2年ぐらい前から、人と自然に会話することが難しいと感じることが増えました。

特にここ半年はひどくなり、人の目を見て話していると顔がひきつってきます。

ピークに達すると顔の神経が切れたように笑えなくなり、気まずい空気に…。

 

自分なりに分析した結果、期待されているとダメなことがわかりました。

 

一番ダメなのが、「この前おもしろいことあって」と始まる会話。

 

あ、この話は面白いんだ。

じゃ笑わなきゃ。

 

そう思うともうだめで、顔がひきつってしまいます。

それが本当に面白くても、不自然になってしまい、相手に「話しづらい」と感じさせてしまう。

それがわかって、その場から消えたくなります。

 

そして冒頭の気づいたらごめんと呟いている状態に陥ることになります…。

 

書いてて情けないな…。

 

 

健康面の不安

 

年齢も徐々に健康に気を配らなければならないお年頃です。

ただでさえ心配症な私。

3年前に人間ドッグを生まれて初めて経験したのですが、その時オプションでつけた腫瘍マーカーにまさかの要精密検査。

 

震えました。

 

検査をした結果、特に心配な点はなく経過観察になったのですが、それからというものガンかもしれないとしょっちゅう思うようになりました。

ちょっとの違和感が病気の初期症状なんじゃないかって怖くなります。

 

でも、以前それで病院へ行ったら、

 

「この程度で来られてもねぇ」

 

と先生に言われ(鼻で笑われ)、それ以来病院へ行く時は自分が心配しすぎなだけで、こんなことで受診するべきじゃないのでは…と考えるようになり。

 

不安だけど病院へ行くほどじゃない。

そう言い聞かせて不安が消えるのを待っています。

 

でも3年経ったのでそろそろまた人間ドッグ受けようかと思います。

人間ドッグは健康前提で検査してもらえるので気兼ねなく病院行けます。

高いけど。

保険外高いけど。

しかたない!健康には変えられないです(ノД`)・゜・。

胃カメラだけはどうしても苦手なので今度は麻酔してもらいたいな。

 

 

まとめ

 

不安を書き出していたら少し落ち着いてきました。

友人に話を聞いてもらったり本を読んだりお菓子食べたりしていつもは乗り越えるのですが、なかなか気持ちを戻せないときもあって、そんな時は「こんなに不安になってたらいつか不安は現実になるよ!」と自分に言い聞かせます。

 

そうすると現実になるのがもっと嫌な私は不安になるのやめようと思考にストップかけます。

 

あとは子供の体温にそっと触れてみるとか私には効果的。

これは子離れができないと怖いのでどうしてもの時だけにしてます。

 

また陽は昇る。

前向きになれる日までがんばります。

 

お付き合いありがとうございました。

 

スポンサーリンク