成長物語

シンママ8年目。思春期に入った子供2人と暮らす家族の成長記録

1週間が経ち

f:id:chocomarux:20191117114102j:plain



娘が学校に行かなくなって1週間。

 

だんだん習い事も行かなくなり(元々行きたくないと言う日はよくあった)

 

学校同様、黙って理由も言わずに部屋から出てこない娘に、ついに私も黙っていられなくなってしまいました。

 

 

スポンサーリンク

 

突入

 

いい加減にしなさい!!と娘の部屋に無理やり入り思いっきり怒りました。

 

学校だけじゃなく習い事まで黙って休もうとする。

 

それがどうしてもダメでした。

 

休んでもいいんだけど、私が許せなかったのは黙って休もうとするところ。

 

休むなら休むできちんと先生に理由を伝えるべきだと。

 

黙って何も言わずに休むのは違う、と何度も伝えてきた。

 

私が代わりに連絡するのは簡単です。

 

でもこのままじゃ娘は何もできなくなる。

 

ママが怒るから、でもいいんです。

 

中学生にも責任があるとわかってほしくて。

 

どんどん楽な方へ行きたがる娘を、ここで止めないと戻れなくなりそうでした。

 

 

娘はどれだけ私が必死に伝えても、相変わらず黙ったまま。

 

でも……泣いてました。

 

悲しみの涙でした。

 

否定

 

少し落ち着いた頃、どうして習い事も行きたくないのか聞くと、

 

「言っても否定するから言いたくない!!!」

 

娘は叫ぶように言いました。

 

 

私は、「そんなことない」と言いかけて、言えなかった。

 

 

今娘が「めんどくさいから」と言ったら、私は否定せずにいられるだろうか?

 

「疲れた」

 

「歩きたくない」

 

「眠い」

 

今まで習い事を休む時、娘が口にしていた言葉です。

 

理由にならないような、でも誰もが経験のある気持ち。

 

それを言ったところで大人は否定するだけ。

 

だから何も言いたくないんだと。

 

黙る理由

 

人が黙る時、必ずそこには理由がある。

 

いつかドラマで耳にしたセリフが頭をよぎりました。

 

娘が休む理由を考える前に、

 

娘が黙る理由を私は考えないといけなかったのかもしれません…

 

 

お付き合いありがとうございました。

 

 

★ぽちっと応援お願いします☆

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
 

スポンサーリンク