成長物語

シンママ7年目。思春期に入った子供2人と暮らす母と子の成長記録

コインランドリーでラグを洗ってみました

f:id:chocomarux:20190519012145p:plain


コインランドリーってほぼ利用経験ないのですが、

 

今回ニトリで購入した冬用ラグに盛大に汁物をこぼしてしまったので、思い切ってコインランドリーへ行ってきました!

 

最近増えてるコインランドリー、一体どんな仕組みなのかドキドキでした。

 

スポンサーリンク    

 

 

洗濯表示の確認

 

まず洗濯物がコインランドリーOKなのか洗濯表示で確認します。

 

水洗いが可能であればコインランドリーOKです。

 

中には水洗いができても乾燥不可のものがあるので事前によく確認が必要。

 

今回はラグだったのですが、手洗い可乾燥機不可でした。

 

洗うだけ洗って干すのは帰ってからになりそうです。

 

 

ラグが入る大きい袋の準備

 

 

次に大きな袋が必要なので、それも用意しておきます。

 

ラグが乾燥不可だったので、脱水した状態で持ち帰らなければならず濡れたラグを入れても大丈夫なものにしました。

 

うちは大きな物を買った時に貰ったニトリの袋にしました。

 

残しておいてよかった(*´ω`)

 

折りたたんで入れるとピッタリでした!

 

 

大型があるコインランドリー

 

 

近場で大型のコインランドリーを探します。

 

小型だとラグは入らないため、大型が設置してあるところにしました

 

 

自宅から車で15分ほどのところに発見したのでいざ出発!

 

こういう時に車って便利で助かります。

 

ちなみに近場にもあったのですが知り合いに遭遇しそうであえて避けてます。

 

最近はコインランドリーよく見ると思っていたら、なんとマンション買って家賃収入得るよりもコインランドリーを運営した方が利益が取れるとのうわさを聞きました。それでなのか??

 

コインランドリーに限らず、スーパーもコンビニも最寄りはあまり行きません。

 

ばったり遭遇怖い。何話せばいいかわからない(´;ω;`)

 

 

洗剤は自動投入なら持参する必要なし

 

 

最近は洗剤を自動投入してくれるところも多いので、自動投入だった場合自宅から持っていく必要はないです。

 

というか自動投入だと残念ながら自分の好きな洗剤に変更はできませんでした。

 

自分のお気に入りの洗剤がいい時は自宅で洗うしかなさそう(´・ω・)

 

 

30分で終了

 

 

長いようであっという間の30分。

 

終わるまでお店で待ってました。

 

他にも2~3人は店内にいて、空くのを待ってたり終わるのを待ってたり。

 

私が使っている洗濯機の隣を使っていたおじいちゃんが、突然ぶつぶつ文句を言い始めてちょっと怖かったです(´;ω;`)

 

大型の洗濯機で17キロまで大丈夫でしたが、そこに入れたらラグでも意外と余裕がありました。

 

洗っている最中もよく回り、いい感じ。

 

これなら汚れ落ちてそうです。

 

料金は乾燥無しで700円でした。

 

 

まとめ

 

 

布団やラグなど、大型のものを自宅の洗濯機に入れるとあまりきれいにならないです。

 

やっぱり回しきれず濡れてるところと全然濡れてないところがあったり。

 

でもコインランドリーなら全体的に水も洗剤もまんべんなく回りよく洗えていました。

 

700円はちょっと痛いけど、ダニなんかも気になるので今度は梅雨のころに布団を持って行きたいです。

 

他の人を見てても布団が1番多かった。

 

乾燥まで終わった布団や毛布はふかふかでとっても気持ちよさそうでした( *´艸`)

 

私もきれいになった布団にもふっと埋もれたい…。

 

お付き合いありがとうございました。

 

スポンサーリンク