成長物語

シンママ8年目。思春期に入った子供2人と暮らす家族の成長記録

高校の入学準備金を計算してみたら

f:id:chocomarux:20200917223329p:image

高校生になるために

 

子供が高校生になるためには、色々と必要なものがあります。

 

高校入学のために必要なお金を、入学準備金として親は用意しなければなりません。

 

最初に必要となる教育資金

 

教育資金と言うと大学を思い浮かべる方も多いです。

 

実際大学進学にかかる費用は高校進学とは桁が違う!

 

ただ高校進学にお金はたいしてかからないのか?と言われるとそういうわけでもありません。

 

最初に必要になる教育資金は義務教育が終わる中学3年生です。

スポンサーリンク

 

高校入学準備金の金額

 

高校進学にかかる費用は、

 

①受験料

②入学時購入品(制服、カバン、靴、体操服、教材など学校生活に必要なもの)

③入学金(学校により金額や時期に差がある)

④授業料(       〃       )

 

主にこの4つです。

 

受験料は公立だと2200円ですが、私立や定時制、高等専修学校(専修学校高等課程)になると1~3万円。

 

国や各自治体が援助をしてくれることもあるので、必要な書類を揃えるなど早いうちから情報を集めて準備しておくことがおススメです。

 

マイナンバーカードがあると必要書類が少なくて済むみたいなので今のうちに申し込みしました。

 

我が家も娘が中学3年なので、情報収集頑張ってます!

 

授業料は払ってから還元するパターンもあり

 

④に書いた授業料ですが、無償化が進む中でなぜ必要かというと、まず先に支払いを済ませてから後から還元されるパターンがあるからです。

 

支援制度がある!無償化だから大丈夫!ではない厳しい現実(´;ω;`)

 

無償化という言葉に安心はできません。

 

www.chocomarux.work

 

うちの場合、必要になるのは2月!

 

娘の志望校の入学に関する書類(体験入学でもらいました)を見ていると、入学金や授業料は合否がわかったらすぐに必要になるみたいです。

 

合否の発表が2月なので、来年の2月には入学準備金を高校へ支払わなければなりません。

 

ざっくり計算してみると75万とか…(震)

 

※1年目の年間授業料を含めて計算しています

※全て自己負担の場合です

 

専修高等学校希望なので専門用具など必要なものが普通科に比べて高めです。

 

使える制度などはっきりしないと正確にはわかりませんが…書類上全て自己負担ならそれぐらい。

 

この時のための学資保険、そしてちょっとだけど貯金もしてきました。

 

ただ今無理はせずに無利子で借りれるものも検討しています。

 

なにせ3年後は同時に大学と高校に進学です( ;∀;)

 

お金は少しでも残しておきたい。

 

シングルマザーの踏ん張りどころ。

 

頑張ります!

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

★ランキング参加中☆

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

スポンサーリンク